クラミジアに効く薬はジスロマックだけではありません。では、何故ジスロマックが多くの人に利用されているのでしょうか?

ジスロマックのジェネリックとは

たくさんの薬と瓶

医薬品のなかにはジェネリックといわれるカテゴリのものがあります。
このジェネリックというのは、すでに先行して発売されている医薬品があるものの、その医薬品の特許期間が満了していることから、別の製薬会社が成分をまったく同じにして製造した、後発の医薬品のことを指しています。
先行して発売されている医薬品は、発売に至るまでの過程で、病気に効果がある成分を研究によって抽出したり、実際に安全であるかどうかを臨床試験で確かめたりといった、さまざまな手間と費用がかかっています。

しかし、特許切れを利用したジェネリックであれば、そうした初期投資が必要ありませんので、結果として先行製品よりも格安の価格で市場に流通させることができるというわけです。
医薬品に含まれる細かな添加物などに違いはあるとしても、有効成分そのものは、先行製品とまったく同じですので、効き目についても基本的には同じはずです。
そのため、医薬品の費用を節約したいという人たちからは、このジェネリックが絶大な支持を集めているのです。

感染症治療のための抗生物質であるジスロマックは、病院で処方を受ければ健康保険が適用されますので、窓口負担がそれほど高額になることはありませんが、なかにはジェネリックを希望するという人もあるでしょう。
ジスロマックのジェネリックとしては、海外で製造されるもののなかに該当の製品があります。
しかし、基本的に日本国内では流通しておらず、薬局やドラッグストアで気軽に購入できるようなものではありません。
そのため、もしもジスロマックのジェネリックを入手するのであれば、たとえば法律に抵触しない範囲の少量だけを個人輸入するといった特別な方法によることになります。