クラミジアに効く薬はジスロマックだけではありません。では、何故ジスロマックが多くの人に利用されているのでしょうか?

更新履歴
多色な薬

ジスロマックやクラリスロマイシンもマクロライド系の抗生物質の一つです。
従来のペニシリン系の抗生物質では対応が困難だった病原性微生物にも対応できる場合があります。

このジスロマックの効能ですが、錠剤で経口服用することによって、血液中にその成分がいきわたり、病気の原因になっている細菌が増殖するのに必要なたんぱく質の合成を阻害します。
これにより増殖できないようにしたり、あるいはきわめて高い濃度がある場合では殺菌的な役割も果たすというものです。
こうしたジスロマックの効能は、たとえば肺炎球菌、連鎖球菌、クラミジア、マイコプラズマ、淋菌などといった、かなり広範な菌種に対して及ぶことがあきらかとなっています。
そのため、風邪や肺炎、急性気管支炎などで病院の内科にかかったときに処方される場合があります。
他にも歯周病の際には歯科でも処方されることもありますし、やや特殊ですが性器クラミジア感染症、淋病、尿道炎、子宮頚管炎などといった、性感染症の場合にも婦人科などで処方される場合もあります。

このように、ジスロマックはかなりオールマイティーな抗生物質であり、副作用についてもあまり重大なものはありません。
しかし、人によっては服用したときに腹痛、下痢、嘔吐などの消化器に関連した副作用があったり、あるいは発疹、発赤といった皮膚関連の副作用が生じる場合もあるようです。
また、自覚症状としてはあまりみられないものの、定期検診などの機会に、ジスロマックの服用が原因となって、肝臓の機能を示す数値に異常値がみられたりすることも、まれにあるといわれています。

さらに、ジスロマックに限らず、化学的に合成された医薬品全般の副作用として、とつぜんに皮膚が赤くただれたり、めくれ上がったりする皮膚粘膜眼症候群のような重篤な副作用もあります。
なので、医師や薬剤師の指示にしたがい正しく使用することは不可欠です。

また、よく勘違いしやすいのが、ヘルペス治療にも対応できるという誤解です。
淋病やクラミジアとヘルペスは同じ性病でも原因と症状が異なるので、治療薬を間違わないようにしましょう。
ヘルペス治療にはバルトレックスと呼ばれる治療薬が存在します。